ハイ&ローに強い分析法、それが一目均衡表です。

バイナリーオプションで勝つためにはテクニカル分析を使いこなすことが重要なのは言うまでもありませんが、
このテクニカル分析、ざっくりとわけると2つ種類があります。
それはトレンド系とオシエーター系ではなく、
(この2つにわけても別に間違いではないのですが、話の都合があるのでここでは除外させて頂きます)
分析が見えやすい系と見えにくい系です。

これはどういうことなのか、それは読んで字のごとくです。
テクニカル分析はチャートとにらめっこしながら、相場の流れを読む分析法なので、
どうしてもチャートの線がごちゃごちゃします。
なので、チャートが見えやすくて分析しやすい移動平均線やボリンジャーバンドのような分析法が(特に初心者に)好まれますが、
見えやすい系の分析法しか使わない人が、投資に勝ち続けるのは難しいです。
バイナリーオプションの場合、FXや株よりルールが単純なので、
そう一概には言いきれませんが、それでも、1つの分析法しか知らないより、
色々な分析法を覚えていた方が勝ちやすいことは事実です。
ですので、投資初心者であっても、移動平均線のような見えやすい分析法の他に、
ひとつくらいは見えにくい分析法を覚えるべきです。
では、いったいどの分析法を覚えたらいいのでしょうか。

そこで私がお勧めするのが一目均衡表です。
一目均衡表は、かなり見にくい分析法ですが、
相場の流れを読むのに効果的な分析法です。

この一目均衡表は、基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの
5本の線からなりたっている分析法です。
5本の線がチャート上を行ったり来たりするので、
はじめてこれを見た人はわけがわからなくなりますが、
(そしてこの分析法を放り投げて違うものを探しに行くことが多いですが)
そのわけのわからなさを我慢すれば、意外に使える分析法であることがわかります。

けど、こんなに線がたくさんあるとどうしたらいいのかわからない、
そういう人が多いと思います。
そういう場合、先行スパン1、先行スパン2、そして現在の相場線、
この3本以外の線を見ないようにしましょう。
そうすれば、チャートが見にくいという、この分析法最大の弱点を緩和することが出来ます。

チャートが見にくいという弱点を攻略したら、あとはこちらのものです。
先行スパン1と先行スパン2が交わった線、通称「雲」と現行の相場線を見るだけで、
相場の流れを簡単に読むことが出来ます。

具体的に説明すると、この雲が相場線の上にある場合、
相場線はそれより上に行くことが難しくなります。
なので、バイナリーオプションやラダーなら、相場が下がる方に賭けたほうが勝率が高くなります。
その逆に、雲が相場線の下にある場合、相場が上がり調子なので、相場が上がる方に賭けたほうが勝ちやすいです。
この、雲が相場線の上にあるか、下にあるか、が一目均衡表の重要な注目点なのですが、
他にも、雲の厚みという注目点があります。
雲が厚ければ厚いほど、その雲を相場線が突破することが難しくなるので、
上昇トレンド(下降トレンド)の信憑性が上がります。
ですので、一目均衡表を見て投資をするなら、
雲が厚い時、つまり分析の信憑性が高い時を狙って投資をするといいでしょう。

一目均衡表は、その性格上ハイ&ロー、あるいはラダーで勝負する時に
役に立つ分析法です。
なので、レンジやワンタッチルールで勝負をするのが好きな人には、あまり向いていない分析法ですが、
ハイ&ローを主戦場とする人なら、覚えておきたい分析法です。
ですので、5本の線すべてを使った高度な分析法まで覚える必要はないですが、
雲を使った初歩の分析法ぐらいはマスターしておいたほうがいいでしょう。

一目均衡表には5本の線がありますが、

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FXよりも簡単でお手軽!バイナリーオプション

バイナリーオプションで勝ちたいなら、ハイ&ロー1本に絞って投資をすることをお勧め...

バイナリーオプションをやる上で気を付けるべき4つのポイント!

バイナリーオプションで勝てないのは何故?

FXより勝てる?スキャルピングとバイナリーオプション

バイナリーオプションをスマートフォンで!