バイナリーオプションで勝ちたいなら、ハイ&ロー1本に絞って投資をすることをお勧めします。

バイナリーオプションには、ハイ&ロー、レンジ、ワンタッチ、ラダーと色々なルールがありますが、
いったい、どのルールが一倍勝ちやすいルールなのでしょうか。
これは時と場合によるので、一概には言えませんが、
それでもあえて、この中で一番勝ちやすいルールを決めるとすれば、それはハイ&ローです。

なぜハイ&ローが勝ちやすいのか、それは相場が一方向に動いている時、
それを追う形で取引が出来るからです。
例えば、相場が上昇しているなら、ハイに賭ければいいですし、
その逆ならローに賭ければいいだけです。
通貨相場が一方的に動くことはあまりありませんが、
普段はあまり取引をせず、その時が来たら集中的に取引するやり方を使えば、
非常に高い確率で勝ち続けることが出来ます。
なので、単純にどのルールが勝ちやすいルールなのかということだけを考えるなら、
ハイ&ローに軍配が上がるといえます。

これだけでも、ハイ&ローは他のルールに比べて魅力的ですが、
このルールには、もうひとつ他のルールにはない強みがあります。
それは、テクニカル分析を使いやすいことです。
ボリンジャーバンドにせよ、ローソク足にせよ、あるいは他の分析法にせよ、
テクニカル分析にはハイ&ローと相性がいい分析が多いので、
これらの分析法を使いこなすだけで、勝率を上げることが出来ます。
もちろん、これらの分析法はレンジやラダーなど、他のルールで勝つために使うことも出来ますが、
指定された時刻に相場が上なのか下なのか、ただそれだけを問うハイ&ローの方が、
テクニカル分析を使いやすいことは間違いありません。
なので、その観点から考えても勝ちやすいのはハイ&ローだと言えるでしょう。

と、ハイ&ローが勝ちやすいルールである理由を説明させて頂きましたが、
あくまでこれは、勝ちやすさに限った話です。
当たり前の話ですが、ペイアウト倍率が2倍あるかないかの勝負に勝ち越すより、
(例え負けが込んでいたとしても)ペイアウト倍率が高い勝負に勝つ方が、儲ける金額は大きいです。
ですので、儲けを重視するなら、ラダーやワンタッチで勝負したほうがいいです。

しかし、ペイアウト倍率の高い勝負に勝つことを狙うと、どうしても投資が投機的になっていきます。
それをそのまま続けると、込んできた負けを帳消しにするため、多額の金を賭けて一発逆転を狙うという、
当たればすべてうまく行くけど、はずれれば大損という危険な賭けをするはめに陥る可能性があります。
それでも儲けられればいいという考えもありますが、
そういうギャンブル的な考えが嫌いなら、ハイ&ローでコツコツ勝利を積み重ねていくのが一番よいでしょう。

この、(テクニカル分析を使ったり相場の流れに乗ったりしながら)ハイ&ローでコツコツ投資する方法が、
バイナリーオプションでもっとも勝ちやすい方法ですが、
この投資スタイルをとる場合、気をつけるべきことがあります。
それは、コツコツドカンに陥らないことです。
このコツコツドカンとは、コツコツと積み上げてきた儲けが一発で帳消しになることを言いますが、
投資金額がまちまちだと、コツコツドカンに陥りやすいです。
ですので、これを避けるたいなら、投資金額を常に一定にしておきましょう。
そうすれば、「勝負する回」というのがなくなりますので、
いつも平常心で投資をすることが出来ますし、
勝率が50%を超えていれば、いつかは儲けることができます。
いつも同じ金額を賭けること、これがハイ&ローで勝利をおさめるコツなのです。

まとめると、バイナリーオプションでもっとも勝ちやすいやり方は、
テクニカル分析などを駆使しながら、ハイアンドロー一本で勝負することです。
なので、大きな儲けや楽しさを度外視するなら、
(つまり総合的な勝ちだけを考えて投資をするなら)
ハイ&ロー1本で勝負をするといいでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイナリーオプションでもっとも役に立つテクニカル指標、それはボリンジャーバンドで...

ハイ&ローに強い分析法、それが一目均衡表です。

バイナリーオプションに向いている通貨ペアは?

はじめるなら今!バイナリーが流行る

国内バイナリーオプションの2業者比較

FXより勝てる?スキャルピングとバイナリーオプション