バイナリーオプションの国内業者は比較して選ぶ!

バイナリーオプションの国内業者なら安心して取引できると言うのが一番のメリットです。
その代わりにメインに使用する国内業者は自分が一番使い易いところを選びたいところです。
そんなメインの国内業者は比較して選ぶのがおすすめです。
そこで3つの国内業者の特徴をこれから比較していきます。
比較対象の国内業者は次の3つです。
・ヤフーグループのYJFX!が提供するオプトレ!
・トレイダーズ証券が提供するみんなのバイナリー
・GMOクリック証券が提供する外為オプション

○まずはオプションの種類で比較
バイナリーオプションにはラダーオプション、ハイロー、ワンタッチ、レンジなどいろいろな種類があります。
オプトレ!ではラダーオプション、レンジオプションと2種類用意しています。
それに対してみんなのバイナリー、外為オプションではラダーオプションのみとなっています。
レンジオプションも取引してみたいと言う方はオプトレ!をメインにすると良いでしょう。
特にレンジオプションは必要無いと言う方はどちらをメインにしても大丈夫です。

○受け取りできるペイアウトで比較
ラダーオプションの場合はオプトレ!、みんなのバイナリー、外為オプションともに1ロットにつき1000円のペイアウトを受け取りすることが可能です。
どちらも1ロット1000円以内で購入できるため、予想が外れても1ロット1000円を超える損失は出ないです。
ロット数を多くすると大きなリターンが期待できますが、その代わりにリスクも大きくなります。
初心者のうちは少ロットから始めると良いでしょう。

○取り扱い通貨ペアで比較
オプトレ!の取り扱い通貨ペアは米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、英ポンド/円、英ポンド/米ドル、NZドル/円、豪ドル/米ドルと8つあります。
みんなのバイナリーでは米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円と3種類です。
外為オプションでは米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、英ポンド/円と5種類あります。
取り扱いペアが豊富なほうが良い方はオプトレ!を選ぶと良いでしょう。

○取引システムで比較
バイナリーオプションでも取引システムを用意する国内業者が多くなっています。
オプトレ!にはパソコン用取引ツールとスマホ用取引ツールがあります。
パソコン用取引ツールはブラウザ上で動作するシンプルな取引ツールとなっています。
単純なチャートのみでテクニカル指標はありません。
テクニカル分析を行いたいときはYJFX!の外貨exで用意されているDesktop CymoやCymo NEXTと言った取引ツールを利用すると良いでしょう。
みんなのバイナリーでもパソコン版取引システムとスマホ版取引システムがあります。
こちらのパソコン版取引システムも簡易的なものでテクニカル分析は行えません。
トレイダーズ証券のみんなのFXではFX TRADER2と言う高機能な取引システムがあり、たくさんのテクニカル指標が揃っています。
外為オプションでもパソコン用の取引システムとスマホ用の取引システムがあり、こちらも簡易的なものとなっています。
GMOクリック証券のFXネオで提供しているプラチナチャートでは38種類のテクニカル指標が装備されています。
国内業者だとこのようにFX口座で提供されている取引ツールでテクニカル分析が行えて便利です。

○デモ取引でお試し
オプトレ!、みんなのバイナリー、外為オプション3つとも登録不要でデモ取引の利用ができます。
どんな取引システムなのか、まずはデモ取引でお試ししてみて下さい。
最初のうちはデモ取引を繰り返して取引システムに慣れておきます。
慣れてからリアル取引を始めたほうがスムーズです。
デモ取引ならどんなに取引に失敗しても損失が発生しないために気軽にお試しできます。
その代わりにリアル取引とはプレッシャーが違うため、全くデモ取引と同じではありません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイナリーオプションにおすすめのインジケーターは?

シンプルに見えて戦略性が高いバイナリーオプション

バイナリーオプションで勝ちたいなら、ハイ&ロー1本に絞って投資をすることをお勧め...

はじめるなら今!バイナリーが流行る

資金管理しやすいバイナリーオプションは初心者にオススメの金融投資!

FXよりも簡単でお手軽!バイナリーオプション