バイナリーオプションの国内規制とは?

貴方は2013年に国内のバイナリーオプションに対して、規制が掛かった事をご存知でしょうか?
短期間での取引を禁止、バイナリーオプションを行う前の知識確認といった現在では当たり前になった事が規制で追加された内容です。
ここでは、国内のバイナリーオプションで規制された内容の一部をご紹介します。
もし、どれかの項目が煩わしいと思っている方は海外のバイナリーオプションを選ぶと良いでしょう。
海外の業者であれば、国内のバイナリーオプションではできない事ができるようになっています。

・短期でのHIGH・LOW取引の禁止
これはバイナリーオプション規制で一番注目された内容です。
現在国内のバイナリーオプションでは、1分間や5分間でのHIGH・LOW取引に規制が掛けられています。
短期でのHIGH・LOW取引の禁止により、国内で最短の取引といえば、2時間以上の取引が主流となりました。
この規制は、バイナリーオプションがギャンブル性の高い取引方法であると声を受けて作られたルールです。
もし、1分間や5分間といった超短期のバイナリーオプションを利用したいのであれば、取引の自由度が高い海外の業者を使った方が良いでしょう。

・レンジ外の廃止
こちらは短期でのHIGH・LOW取引の禁止と違い、バイナリーオプションをする人にとって有利となるルールです。
元々、国内のバイナリーオプションでは、レンジ外と呼ばれるバイナリーオプションを利用する人が確実に損をするレート域が存在していました。
取引終了時そのレート内に、レートが動いてしまうと全て業者の儲けになってしまうのがレンジ外。
レンジ外は業者にあまりにも有利であったため、そんな不公平感が強い設定をなくしてしまうといった規制が、国内のバイナリーオプションには存在します。

・高すぎるペイアウトの倍率規制
こちらは、1つ目のご説明した短期でのHIGH・LOW取引の禁止と同じように、バイナリーオプションのギャンブル性を高め過ぎないという点から規制が始まりました。
ただ、こちらのルールは、先にご説明したルールと違い、まだ明確なルールが決められていません。
今でも話し合いが行われている項目であるため、ある日突然国内のバイナリーオプションの倍率が変わってしまうといった事態も考えられます。
国内のバイナリーオプションを利用しているならば、いつでもペイアウトの倍率規制には注意しておくべきです。

・バイナリーオプションの利用にあたっての知識確認
恐らく、国内のバイナリーオプションを始めるにあたって、利用者にとって一番面倒な事項がこちらです。
現在国内のバイナリーオプションを利用する場合、知識確認といった確認テストが行われています。
テストでは一般常識ではない、バイナリーオプションに突っ込んだような問題も出てくるため、真面目にテストを受けると、取引に慣れている人でもテストに合格しない可能性も十分にあります。
これからバイナリーオプションを国内の業者でやろうとしている人は、1度「バイナリーオプション テスト」という内容をネットで検索してみると良いでしょう。

如何だったでしょうか?
国内のバイナリーオプションが規制されたのは2013年の話ですが、意外と知らなかったという人も多かったはずです。
規制された内容の中には、取引上のルールだけでなく、バイナリーオプションを新たに始めようとしている人にテストを受けさせるといったルールも制定されました。
今回ご紹介したルールは、2013年に規制されたルールの中でも、ほんの一部を抜粋した物でしかありません。
他にもバイナリーオプションを利用する側に有利なルール、不利なルールが存在するため、国内のバイナリーオプションを利用するならば1度把握しておいた方が良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

移動平均線を利用してバイナリーオプションでの勝率を高めよう

ハイローオーストラリア攻略手法「転売」で勝てるのか?

シンプルに見えて戦略性が高いバイナリーオプション

国内バイナリーオプションの2業者比較

バイナリーオプションでもっとも役に立つテクニカル指標、それはボリンジャーバンドで...

バイナリーオプションに向いている通貨ペアは?