小動き相場はバイナリーオプションで取引

○FXだと小動き相場では難しい
FXではウェリントン市場から始まり、シドニー市場、東京市場、香港市場、シンガポール市場、フランクフルト市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場へと流れていきます。
ニューヨーク市場が終わるとまた早朝のウェリントン市場に戻ります。
このように市場によって時間が異なるため、FXでは幅広い時間帯で取引できるのが魅力です。
早朝のウェリントン市場、シドニー市場では参加者が少ないためか、小動き相場になり易いと言う特徴があります。
FXではスプレッドと言う買値と売値の差があるため、小動き相場では中々難しいものがありますね。
取引じたいは成功しても得られるpipsが少ないです。
そのためスプレッド分で殆ど利益が無くなってしまうことがありました。

○バイナリーオプションなら利益を得やすい
タイミング次第では取引に成功しても損することがあったため、小動き相場のときはバイナリーオプションで取引しています。
バイナリーオプションならどんなに小動きでも取引に成功さえすれば、一定のペイアウトを受け取りすることが可能です。
ハイローオーストラリアではハイロースプレッドを用意しており、この取引ならペイアウト2.0倍のために利益を得やすい環境です。
ウェリントン市場は朝5時から、シドニー市場は朝7時から始まります。
小動きになり易いこの時間帯でバイナリーオプションの取引ができないと意味がありません。
ハイローオーストラリアでは月曜日の朝7時から土曜日の朝6時まで取引することが可能です。
平日の朝6時から6時45分まで、土曜日の朝6時から月曜日の朝6時45分まではメンテナンス時間となっており取引はできません。
ハイローオーストラリアなら朝7時から始まるシドニー市場に間に合うため、最近ではこの海外業者ばかり利用しています。
ハイローオーストラリアは転売できる点も気に入っています。
小動き相場では狭い範囲でレートが上下するレンジ相場になり易いことがありました。
通常のハイローでは途中で反転し、損失となるタイミングで取引時間終了となることがありました。
そんなときでもハイローオーストラリアなら利益が出ている間に転売できるのが良いですね。

○トレンドが発生すると不利に
しかし小動き相場が終了し、トレンド相場に転換するとバイナリーオプションでは不利になることがありました。
FXでトレンドに乗れると大きなpipsが得られることがあります。
トレンドが長く続くほど大きな利益が得られますが、バイナリーオプションではどんなに大きなpipsを得ても受け取りできるペイアウトは変わらないです。
ハイローオーストラリアにはペイアウト2.0倍のターボスプレッドがあります。
ターボスプレッドなら30秒、1分、3分、5分と言った短期取引ができます。
トレンド相場でも細かく取引することで利益を伸ばせそうだと思い試してみました。
しかしあまり短い取引時間のものでは失敗が多くなってしまいました。
上昇トレンドのときはハイのみ、下落トレンドのときはローのみを選んでいたのですが、どうも相性が良くないようです。
そこでバイナリーオプションは小動き相場のみ、トレンド相場に転換したと思ったらFXに切り替えしています。
ただし1台のパソコンでFX、バイナリーオプションと使い分けしていると急な転換があったときに慌ててしまいますね。
そこで2台のパソコンを使用し1台はFX、もう1台はバイナリーオプションで取引しています。

○トレンド転換点を掴むことが大切
しかしこの方法ではトレンド転換点を掴むことが大切ですね。
昼間になり参加者が増えてきても必ずトレンド相場へと転換する保証はありません。
そこでチャート上にボリンジャーバンドを表示させ、バンドウォークと言う現象が見られたときにトレンドが発生したと判断しています。
小動き相場のときはボリンジャーバンドの幅が狭くなるために分かり易いです。
この幅が狭い状態が長ければ長いほど、その後にトレンド発生し易いようです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイナリーオプションと相性が良いRSIについて

投資未経験の私がバイナリーオプションを始めてみたら

これから約1ヶ月間は、ドル円の乱高下で稼げる確率が高いです

移動平均線を利用してバイナリーオプションでの勝率を高めよう

はじめるなら今!バイナリーが流行る

ハイローオーストラリアのデモがすごい便利