バイナリーオプションにおすすめのインジケーターは?

インジケーターとは、相場の動きを分かりやすく表示させた、相場の分析に使うツールです。
FXからバイナリーオプションに流れてきた人は、馴染みのある言葉かも知れませんが、バイナリーオプションから始めた人はイマイチ聞いた事の無い言葉となっているでしょう。
インジケーターにはさまざまな種類があり、相場の流れや転換点を読む物や、相場における売り買いの強さを表示させるといった千差万別なものがあります。
基本的にはFXや株といった投資で使われるインジケーターですが、もちろんバイナリーオプションでも使えます!
上手く使えば、バイナリーオプションの勝率を上げられる強力な武器となるでしょう。
では、バイナリーオプションにおすすめのインジケーターをご紹介します。

・RSI
RSIは、その相場において売られすぎているか、買われすぎているかを分かりやすく表示させたインジケーターです。
相場の転換点の判断材料に使えるため、バイナリーオプションには相性が良いインジケーターと言えるでしょう。
RSIの見方はとてもシンプル。
設定した期間に合わせて表示される線が、設定したパーセンテージを上回ったら買われすぎ、下回ったら売られすぎといった具合です。
設定したパーセンテージに相場が変動したら、買われすぎには売り、売られすぎには買いといった具合に利用できるでしょう。
設定する期間やパーセンテージは、バイナリーオプションの取引時間や相場の状態によって変更する必要がありますが、初期設定でもそれなりに機能します。
ただ、RSIは急激な相場の変動に弱いといった特徴もあるため、RSIを信頼しすぎるのは禁物と言えるでしょう。
RSIは、パッと見ただけでも分かりやすいため、インジケーターを使った事の無い初心者にもおすすめできるインジケーターとなっています。
FXでも超有名なインジケーターとなっているため、信頼感は高くおすすめです。

・ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドとは、移動平均線という指標を軸として作られているインジケーターです。
ボリンジャーバンドでは、移動平均線を中心にして上下に3本ずつ線が引かれており、上下に表示された線に相場が動くと、その相場は変動しすぎているという判断ができます。
上下に表示された線は、それぞれ感覚を空けて表示されています。
それぞれの線を突破する度に相場が変動しすぎであるという判断を簡単に下せるため、バイナリーオプションにしか触った事のないような初心者にも扱いやすいインジケーターと言えるでしょう。
一番上の線に相場が変動すれば、売りのシグナル。
一番下の線に相場が変動すれば、買いのシグナルといった判断ができるでしょう。
もちろん2番目の線に相場が変動したらという判断基準でも利用できます。
他にも相場が上下の線に収まりやすいというボリンジャーバンド特有の特長を掴めば、違う利用方法も考えられるでしょう。
RSIより相場の変動を細かく認識できるため、FXだけでなくバイナリーオプションにも利用できるインジケーターとなっています。

今回ご紹介したインジケーターである「RSI」と「ボリンジャーバンド」は、それぞれ相場の転換点を判断するのに使えるでしょう。
どちらのインジケーターも判断基準が分かりやすく、使いやすいため、是非とも試してほしいインジケーターとなっています。
バイナリーオプションに利用できるインジケーターは他にも大量に存在します。
先ほどボリンジャーバンド内で登場した移動平均線も数あるインジケーターの中の1つです。
それぞれ判断基準となる材料が違うため、自分に合ったインジケーターを見つけると、バイナリーオプションの勝率をグッと上げられるようになるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイナリーオプションで勝てないのは何故?

バイナリーオプションの国内規制とは?

バイナリーオプションで勝ちたいなら、ハイ&ロー1本に絞って投資をすることをお勧め...

バイナリーオプションでもっとも役に立つテクニカル指標、それはボリンジャーバンドで...

テクニカル指標を学ぼう!オシレーター DMI編

投資未経験の私がバイナリーオプションを始めてみたら