バイナリーオプションと相性が良いRSIについて

バイナリーオプションは、取引ルールが分かりやすくシンプルなので、初心者でも気軽に始めることができる金融投資です。
ところで、初心者の方でも、バイナリーオプションを始めて少し経てば、テクニカル分析などを利用して、バイナリーオプションでの勝率を高めようと考えると思います。
株やFXと同様に、バイナリーオプションでも、テクニカル分析を用いてトレードに役立てることができますが、その中でも私がオススメしたいのは、RSIです。
RSIは、バイナリーオプションと相性が良いテクニカル指標なのです。
今回は、RSIがバイナリーオプションと相性が良い理由をいくつか紹介するので、テクニカル分析の導入を考えられている方は、参考にして下さい。

【RSIとは?】
バイナリーオプションとRSIの相性が良い理由を紹介する前に、RSIについて説明しておきましょう。
RSIは、オシレーター系のテクニカル指標です。
オシレーター系というのは、簡単に言うと、現在の価格がそれまでの価格と比較して高いかor低いかを知ろうとするものです。
したがって、移動平均線などのトレンド系のテクニカル指標とは、性質が異なります。
そうしたオシレーター系の指標の中でも、シンプルで使いやすいのがこのRSIなのです。
チャート上でRSIを表示させると、2本のラインが表示されます。それぞれのラインには数値が記されていて低い方から順に30と70となっています。
そして、RSIが30を下回れば売られ過ぎ、70を上回ると買われ過ぎという風に判断するのです。
このように、RSIは、30と70という数値を基準にして今の価格が高いor低いを判断する、とてもシンプルで分かりやすい指標となっています。

【為替はRSIのサインに反応しやすく、取引時間が短期ほど信頼できる】
RSIは、とてもシンプルで分かりやすいテクニカル指標なので、RSIを売買の目安として利用するトレーダーはたくさんいます。
そのため、為替の動きは、RSIでの買われ過ぎor売られ過ぎというサインに素直に従うことがよくあります。
特に、相場の方向性がはっきりせず、穏やかな場合ほどRSIは通用しやすいのです。
逆に、ネガティブサプライズやポジティブサプライズにより、値動きの荒い相場になっているときは、RSIに限らずテクニカル分析はあまりアテになりません。
RSIは、トレードに利用する人が多いので、そのサインに素直に反応しやすいというのが、私がRSIをオススメする一番の理由なわけですが、私がRSIをオススメする理由はもう一つあります。
それは、バイナリーオプションは超短期のトレードなのでRSIがより通用しやすいという点です。
ハイローオーストラリア等の場合、取引時間が数分しかありません。そのため、長期的には為替がRSIのサインと違う動きになっても、短期のうちはRSIのサイン通りに動くことが多いことで、よりRSIで勝ちやすくなるのです。
RSIに限らず、為替は、サインが出たタイミングではサイン通りの値動きをしても、少し時間だ経つと逆の動きをするというようなことが散見されますが、バイナリーオプションは、判定時間が短いので、そうした点において有利なのです。
これは補足になりますが、よりRSIでの勝率を上げたい場合、RSIでの買われ過ぎor売られ過ぎサインが出そうになる時に、エントリーするより、サインが出て、実際にサイン通りに為替が動いたのを確認してからエントリーした方が、ダマしが少なく勝率が上がります。
【まとめ】
このように、買われ過ぎor売られ過ぎを判定することができるRSIは、バイナリーオプションと相性が良いテクニカル指標なのです。
RSIは、初心者にも扱いやすい指標なので、是非、試してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイナリーオプションの国内業者は比較して選ぶ!

テクニカル指標を学ぼう!オシレーター DMI編

バイナリーオプションで優良業者を選ぶためのコツ

移動平均線を利用してバイナリーオプションでの勝率を高めよう

為替に関して無知だった私でも利益を出せたのがバイナリーオプション

バイナリーをする バイナリーって何?体験談も