テクニカル指標を学ぼう!オシレーター DMI編

今回は、FXにおいて利用できる指標である「DMI」について紹介します。

FXや株式取引をやった経験のある人は分かるかもしれませんが、誰もが、こうした取引においてテクニカル指標を利用しています。「DMI」も、そのうちの1つです。

テクニカル指標には、トレンド系指標とオシレーター系指標の2種類に大別されます。「DMI」は、その中のオシレーター系指標に分類されます。

オシレーター系指標とは、簡単に言えば、過去の値動きを基準に、今の価格が高いか・安いかを判断するものです。非常に単純明快で、トレードの目安になるものです。

しかし、オシレーター系指標は、トレンドが一方的、例えば、上昇しすぎても下がらずさらに上昇するような一方的な相場、お祭り相場のようなときには、こうした指標は役に立たないことがよくあります。

そこで、その欠点を補完するためこの「DMI」が作られたのです。

「DMI」は、上昇トレンドを示す+DIと下降トレンドを示す-DIから成り、この2つが交差(ゴールデンクロスなら買い・デッドクロスなら売り)した時がシグナルとなるのです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイナリーオプションの国内業者は比較して選ぶ!

バイナリーオプションって何?在宅ワーク?詐欺なの?徹底研究

バイナリーオプションに向いている通貨ペアは?

ハイ&ローに強い分析法、それが一目均衡表です。

トレンドを読み解く鍵!複数の移動平均線

トレンド相場での有効な手法とは